明石市 製造技術

日工株式会社

2024年04月05日

企業紹介

所在地 〒674-8585 兵庫県明石市大久保町江井島1013番地の1 設立 1919年(大正8年)8月
電 話 078-947-3131 代表者 辻 勝
FAX 078-947-7674 従業員数 707名(単独)1,240名(連結) (2022年3月末現在)
事業内容 国内外のインフラ整備で活躍するプラント機器等の製造・販売・メンテナンス 、アスファルトプラント、コンクリートプラント(バッチャープラント)、各種コンベヤ、環境関連製品プラント関連制御装置 事業所
ホームページ https://www.nikko-net.co.jp/
所在地 〒674-8585 兵庫県明石市大久保町江井島1013番地の1
電 話 078-947-3131
FAX 078-947-7674
事業内容 国内外のインフラ整備で活躍するプラント機器等の製造・販売・メンテナンス 、アスファルトプラント、コンクリートプラント(バッチャープラント)、各種コンベヤ、環境関連製品プラント関連制御装置
ホームページ https://www.nikko-net.co.jp/
設立 1919年(大正8年)8月
代表者 辻 勝
従業員数 707名(単独)1,240名(連結) (2022年3月末現在)
事業所

Message

日工株式会社 製造本部 本社工場 工場長 山田 和寛さん

一人では作れない、日工ブランドを作り上げていく一員です

Q.どのような仕事をされていますか?
A. 自社ブランドを展開しているプラントメーカーで道路舗装用のアスファルト合材を生産するアスファルトプラントや生コンクリートを製造するコンクリートプラント、ベルトコンベヤなどの搬送機器、環境リサイクル関係装置などの設計・製造・販売・メンテナンスなどを一貫して行っています。
珍しい業界での特殊な製品ではありますがアスファルト・コンクリート関連事業においてはトップシェアであり、海外にも市場があります。

Q.今後の事業展開について教えてください。
A. アスファルトプラント・コンクリートプラント事業だけではなく、今まで培った技術を生かした環境関連事業への展開や、新しく作ったモノの営業・販売、経験やノウハウが詰まったアスファルトプラントの海外展開を目指しています。2019年に創業100周年を迎え、次の200周年に向けて“技術の日工”をさらに磨いて、今後はタイやインドネシアなどのアジア向け製品により注力していきます。

Q.高校生に伝えたい事はありますか?
A. 高校生の間に、勉強でなくても何か一つでも二つでも熱心に取り組む経験をしてほしいです。「あの時頑張った」という熱心に頑張った経験は、将来の人生の糧になり、必ず役立つと思います。社会人になれば、自覚と責任感をもって万全の体調で出勤し、しっかり挨拶することを心掛けてほしいです。


社員インタビュー

堀川 弘介さん

部署名 第一製造課
勤続年数 6年
出身高校 兵庫県立東播工業高等学校
趣味 サッカー観戦
良かったこと・学んだこと

モノづくりに興味があり、プラントなどとても大きなモノを作っているこの会社に魅力を感じ、「自分の知らないモノに関わってみたい!」という思いから入社しました。「知らないモノ」を初めて完成させた時はすごく嬉しかったです。

大西 拓真さん

部署名 明石サービスセンター
勤続年数 6年
出身高校 兵庫県立西脇工業高等学校
趣味 野球
良かったこと・学んだこと

全国のお客様からの指図書を基に、修理に必要な部品を梱包し、出荷しています。誤送してしまうと決まっている工事日程がずれてしまうので注意深く確認することが必要です。責任ある仕事なので難しいと感じることはありますが、それとともにやりがいも感じます。

西口 顕守さん

部署名 第一製造課
勤続年数 6年
出身高校 兵庫県立姫路工業高等学校
趣味 野球
良かったこと・学んだこと

日工のアスファルトプラントを製造している課で、製缶(溶接する前の仮付け)や溶接を行なっています。安全第一に、製缶の段階で間違わないように見直しすること、時間の無駄をなくすことを心がけています。最初は難しかったですが、自分の作った製品が完成した時は仕事のやりがいを感じ楽しいです。